« 銀座交詢ビルの変わりように感慨 | メイン | 京都高台寺の「洛匠」の草わらび餅を浜松でゲット! »

コメント

シノヴェリ探検家

今回私の主宰する会に御参加いただきありがとうございます。
遅ればせながら御礼申し上げます。

日本では中国料理の食べ方、中国料理レストランの本当の利用方法を知らない方が多いの実情です。本場の優れた料理人が日本にやって来ても、結局客側に料理人の良い腕を評価できる人がいなくて、店の味が落ちてしまったり、やる気を無くして本国に帰国してしまったりする場合もありますよね。
森田さんのように幼少のみぎりから本格中国料理を食べてこられた方が、こういう形で、料理人のこの料理はスバラシイ! と、分かり易く説明してもらえると、東京の中国レストランのレベルは上がっていくと思います。
 色々な中国レストランを、ビシバシと評価して下さい。
ブログ楽しみにしています。

追伸:新しい交詢ビル、社交会用のフロアは、会員だけが入れる別の入り口があって、そこからエレベーターで上がれば、有るのですよ。私も会員の方から聞いただけで、上がったことはないのですが・・・

森田慶子

シノヴェリ探検家様

コメントありがとうございます。
次回も楽しみにしております。

交詢ビルはいまはそんなふうになっているんですね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

オンワード マルシェ

メルマガ購読・解除
 

カテゴリー

フォトアルバム